「育児中、やってよかったこと」は?

Pocket

育児で仕事を辞めたというママからメールで
質問をいただきました。

ELL96_hanatotegamitate132610-thumb-autox1600-16262

その方は、子供と2人で過ごす日々に行き詰まりを感じ、
編集やライターなどに興味はあるものの、
育児との両立ができる自信はもてず、
とにかくなんでもいいから早く仕事を再開したほうが、
ブランクが短くていいのでは…など悩んでいるとのことでした。

「林原さんの経験を踏まえ、子供が小さい時に
 やっておいてよかったことを教えてください」
というご質問をいただきました。

こんなふうにお答えしました。

************************

自分の経験を踏まえ…ということですので、
あくまでも私の体験と狭い視野から、
やってよかったことをいくつかご紹介しますね。

まず、ひとつは本を読むことです。

今から思えば、育児で仕事をシフトダウンした時期は、
自分の価値観を確立する時間だったと思います。

どんな考えに賛成できるのか、反発を感じるのか、
同じような悩みを他の人はどう解決してきたのかなど、

毎日、朝から夕方まで、娘と2人で図書館の授乳室にこもり、
いろんな本を読んでおりました。

そのときに得た知識や考え方は、
今も私の思考の土台となっています。

もうひとつやってよかったことは、
娘との二人旅です。

娘が6か月のときに、
イタリアへ、3週間の二人旅をいたしました。
(民宿やユースホステルに泊まる貧乏旅行です)

この旅を通じて、
・自分は母親になったからこそ、できることがある
・子供を持つ前よりも、世界が広がった
と実感することができました。

誰にでも海外旅行をせよ、というつもりはありませんが、
なにかしら、「今しかできないこと」にトライしてみては
いかがでしょうか。

それも、育児のために仕事を中断していない人たちが
「え~、そんなことやったの? うらやましい!」
と悔しがるようなことをしてみるといいと思います。

そのほかにも、なにせワーキングマザー歴15年にも
なりますので、あれこれよかったことはありました。

まずは上記2つを上げさせていただきます。

機会があれば、いろいろお話できるといいかもしれません。
ではでは、どこかでお会い出来る機会を
楽しみにしております。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする