農村に佇む生ハム日本一のイタリアンレストラン「ローズ・エ・ロメオ」でおまかせディナー。旬の鮎を堪能【射水市グルメ】

Pocket

射水市のローズ・エ・ロメオさんで夕飯をいただきました。ロメオさんは、我が家近くのイタリアンレストランです。今回は女性と二人でトーク中心ということで、メニューはお任せでお願いしました。

IMG_20180730_184844

【鮎のカダイフ包み】

目次

毎年のお楽しみ、鮎!

ロメオさんには通い始めて何年になるでしょうか。ビジネスランチから記念日のごはん、同窓会のケータリング、病院でお子さんの看病をしているママへの出前弁当、ベジタリアンの親子とのディナーなどなど、どんなお題でお願いしても、期待以上に応えてくださる懐の深さが魅力です。

この日の1品目は私が毎年、夏の楽しみとしている「鮎のカダイフ包み」。この一品だけは、リクエストしていたんです。

「カダイフ」とは小麦の極細麺のこと。パリパリとしたテクスチャが魅力です。

ロメオさんでは毎年、微妙にアレンジを変えていて、前に食べたときは確かココナツ風味。今回は生ハムの細いのを一緒に巻いてありました。

実は、ポテトチップス同様、プレーンが一番好みではありますが、アレンジバージョンも変化を楽しめます。

さらに少しずついろんな種類

続いてはキッシュ。

 

ローズ・エ・ロメオさんは、2016年にイタリア大使館が主催した生ハムプロモーションで最優秀レストランに選ばれたお店です。

ちょっと他では見かけないような生ハムも揃います。

ロメオさんでは、生ハム料理をお願いすると、村中シェフが目の前で生ハムを切ってくださいます。

※これは別の日。

切ってるのを待っている間、まずは一切れ味見で食べさせてくださるのがお約束です。

生ハムをいただくと、とたんに口がワイン用になりますね。ここですかさず、村中シェフはスパークリングワインをオススメ。そちらをいただくことにしました。

お次はサラダ。

ロメオさんのサラダは、生野菜が苦手な中3次女も食べられる魔法のサラダです。

さらに魚(スズキだったか…?)のマリネ。

軽めのお料理を少しずつ出してくださるので、たくさんの種類をいただけます。

と、ここで炭水化物メニュー。ここまで前菜だったんですね。

パエリヤです。

またお野菜メニュー。

さらに炭水化物メニューがもう一品。

この季節のお楽しみ、桃と生ハムの冷製パスタです。

桃と生ハムのパスタは、私も家で作ってみたことがありますが、桃も生ハムも高い割に、自分で作ると何故か美味しくない。子供たちの評価もイマイチ。このパスタはロメオさんでいただくと決めています。

そしてメイン。

一品は頬肉、もう一品は…すみません! 料理の説明を聴きそこねましたッ!

ひとつは焼いたの、ひとつは煮たので、どちらも柔らかく、これだけ食べたあとでも、パクパク入ります。美味しい!

最後はデザート。

と、ハーブティ。

普段はコーヒーの多い私ですが、ロメオさんではホットバーブティが定番です。

こちらのハーブはロメオさんで育てていらっしゃるそうで、とっても優しいお味。コーヒーよりも、ふんわりと食事をを終えられる気がします。

今日もご馳走さまでした!

ローズ・エ・ロメオ  お店情報

ジャンル:イタリアン

TEL:0766-52-0979

住所:富山県射水市安吉66-3 (大門高校の裏)

営業時間:11:30~22:00 (L.O.21:00) ランチメニュー14:00まで。ディナー17:30~22:00

定休日:木曜日、第3水曜日

商店日報

昨日はとある書類を受け取りに役所へ。夏休みなので、小6三女も一緒にドライブ。ついでに、水族館や博物館にも行ってみました。久しぶりで、なんだか新鮮でした。

GOOD&NEW

埋蔵文化財センター

とある会社をご訪問

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー
目次
閉じる