40代のダイエット宣言から7ヶ月。「ご飯ダイエット」で心身の調子はすこぶる良いものの体重に変化なし。「これがベストなのでは?」な疑惑が

Pocket

今年2月に「40代半ばですがダイエットをします」と宣言して7ヶ月。「低糖質」「禁酒」お腹から痩せるという触れ込みの「ご飯ダイエット」といろいろ試してみましたが、体重はほぼ横ばい。子供達からは「今の体重がベストだということじゃないの」と、「そのままでいいじゃん」発言が出るようになってきました。

無題

関連記事

ご飯中心の食生活で心身が元気に

お盆休みに帰省していた姉たちがそれぞれの住まいに戻ってから、「お腹から痩せる」という触れ込みで人気を集めている食事法を始めました。

ご飯が大好きで、脂肪減らした方がダイエット効果が出やすいという私にとっては、良い食事法なのではないかと考えたからです。

関連記事

食事を変えた効果は確かにありました。

まず、空腹感の面。次の食事まで空腹を感じにくくなり、一方、朝はしっかりお腹が減っている状態になりました。

体調は、それまでは夕方にものすごい疲労感と眠気に襲われることがあるのが悩みでしたが、その疲労感を感じなくなりました。

また、半ば習慣化していた夕飯の時のビールが飲みたくなくなりました。このひと月でお酒を飲んだのは5日間。「自宅禁酒」がほぼ達成できております。

夜お酒を飲まなければ翌朝の体調は良くなります。目覚めがよくなり、午前中からよく動けるようになりました。

9月8日に行われたオープンウォータースイムの大会では、3000メートルを完泳することもできました。すばらしき、お米パワー!

関連記事

心理面でも、疲労感が少ない分、ネガティブな感情が起こりにくく元気に。一見すると、このご飯中心の食事というのは、良いように思われますよね。

体重と体型に変化なし

問題は体重と体型です。

書籍『疲れない体をつくる 疲れない食事』(柏原ゆきよ著・PHP研究所・2019)によれば、雑穀を混ぜたご飯と具だくさんの味噌汁を中心にした食生活を続けると10日ほどで「お腹がへこむ」人によっては「お腹が割れる」ほどの体型の変化が現れる……とのことですが、この点は全く効果を感じていません。

体型に変化がない場合については、「ご飯に混ぜている雑穀の割合が少ない」「早食い」「自分はこのぐらい太っているのは当然というセルフイメージがある」といった原因が考えられるそうです。

徹底が足りないのか、カロリーオーバーなのか、判断に迷っています。

何をしても、夏になっても変わらない体重

2月からここまでの7ヶ月、糖質制限が効かないことは自覚し、お酒が悪いのではないかと禁酒したり、ご飯中心がいいのだと言っておかずを減らしたりしてきました。

しかし、何をしても体重は54キロから57キロの間をいったりきたり。

さらに、20代30代の頃は、冬に太ったとしても、4月から8月の間は自然に体重が3キロほど減ったものです。

ところが40代の今、夏になっても痩せません。今年は、季節による体重減がなくなったことに気がつきました。

秋から冬にかけて太るのは相変わらずなので、結果的に体重は年々じわじわと増えていきます。これが40代のカラダということなのですね……。

ちなみに、60代を過ぎると、食事を減らすダイエットは「フレイル(心身が老い衰えた状態)」を招くため、食事を云々して「痩せたい」と気にするのは50代まででやめたほうがいいそうです。

母の体型より体調が大事

「ナイスバディーだろうと、ぽっちゃりだろうと母は母」という子供達にとっては、体重と体型の変化がないことは、さしたる問題ではありません。

それよりも、家でお酒を飲まなくなり、体調が良くなり、気持ちが元気で、お肉のおかずも「食べたかったら私のも食べていいよ」と譲ってくれる今の方がいいと言います。

この7ヶ月間体重の変化がないことを話したところ、

「この体型が、今のお母さんにとってベストということなんじゃないの」

「無理に食事を我慢して、体調を崩したり気持ちがピリピリする方が嫌だなあ」

と諭されています……。

知らないうちに痩せたい

出典を失念してしまいましたが、なるほどと腑に落ちたダイエットに関する考え方があります。(おそらくは、メンタリストDaiGoさんの YouTube動画だったような気がします)

それは、こんな考え方です。

「ダイエットのことばかり考えているとストレスで却って太る。たとえ痩せても、リバウンドもしやすい。それよりも、何かやりたいことをやっているうちに活動量が増えたり、食事よりももっと楽しいことが増えたりして、『結果的に痩せた』というのがリバウンドしない痩せ方」

確かに、体型や体重には、その人の生活と美意識が現れます。

また、食事の内容を「痩せるか否か」で判断したり、体重計の数字に一喜一憂したりするのは、なかなか気分が悪いものです。

それよりも「好きなことに夢中になっていたらいつのまにか痩せていた!」という方が、気持ちがいいことでしょう。

というわけで、次の一か月の目標は、引き続きご飯中心の食生活は続け(体調は、確かにいいんです!)、好きなことでたくさん体を動かそう!と考えています。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする