岩瀬浜でビーチクリーンとオープンウォータースイム練習会に参加【トレーニング日記】

Pocket

いつもは一人でゆっくりのんびりと練習している私ですが、先日マルチスポーツチーム TEAM AVANTEさんのオープンウォータースイム練習会に参加してきました。

62511351_2833637083376606_4236121459451232256_o

自然の中で泳ぐOWS(オープンウォータースイミング)

OWS(オープンウォータースイミング)とは、海や川・湖など、自然の水の中で行われる長距離水泳競技です。

水質や天候、潮の流れなどの影響を受け、コースロープもないため、プールでの競泳とはまた別の技術や知識が必要です。

TEAM AVANTEのビーチクリーン

この日は、練習に先立ち岩瀬浜のゴミ拾いが行われました。

TEAM AVANTEさんの呼びかけに答え、70人近い参加者が早朝5時から海岸に打ち上げられたプラスチックゴミやタバコの吸い殻などのゴミを拾い集めました。

日曜日のこんな朝っぱらから、ボランティアでゴミ拾い。なんて心が清らかな方々なんだろうと、頭が下がる思いです。

DSC02145

私も、30分ほどでこんなに拾いました。

DSC02148

おそらくは川から海に流されてくるものでしょう。ゴミやタバコの吸い殻のポイ捨ては本当にやめてほしいものだと思います。

オープンウォータースイムの練習会

ゴミを拾って海岸をきれいにした後は、オープンウォータースイムの練習です。

DSC02149

私はトライアスロンの大会に参加していますが、海でのスイム練習は、危険が伴う為一人ではできません。こうした上級者を交えた大人数での練習は、大変に貴重な機会です。

関連記事

それなのに、この日は始めから失敗。セパレートのウエットスーツの上半身分を忘れてきてしまいました。

しかし、姉さんトライアスリートから、余分に持ってきた上半身分を持っているとのことで貸してくださるとのお申し出をいただきました。

かなりきつかったのですが、無理やりお肉を突っ込み、なんとか参加することができました。

DSC02152

そんなわけで何とか、下半身チグハグのウエットスーツ姿が完成。

その後は、二人一組でバディを組み、ヘッドアップスイムや ブイ(浮き)の周りでのターン、集団での泳ぎ方など、オープンウォータースイムならではの泳ぎ方を練習しました。

しかしながら、私はここ近日の睡眠不足による疲労に加え、 ウェットスーツのきつさもあってか絶不調。高めの波の揺れが非常にこたえ、 立っていてもふらふら倒れそう、吐き気が治りません。

安全を優先し練習は見学にすることにしました。よたよたの私を温かくサポートしてくれた、バディ氏には感謝するばかりです。

その後は、指導員さんとサポートスタッフの方が入れてくださったコーヒーをいただいたり、休憩してきたメンバーの方と情報交換をしたり。

朝日を浴びながら波の音を BGM にくつろぐ時間は、大変に贅沢なものでした。仲間と一緒に練習するって、いいものですね。

こういった練習会に参加すると、私は大抵、筋力、筋持久力、全身持久力、競技のスキルと全ての面においてにおいて一番低いレベルです。

練習の足を引っ張ってしまうのが申し訳なく参加を控えておりますが、仲間と楽しく練習できる程度に体力を強くしたいと切実に感じました。

「OWS TOYAMABAY」が開催予定

9月8日には、「OWS TOYAMABAY」 というオープンウォータースイムのイベントも開催される予定です。関心のある方はぜひ予定を空けておいてくださいね。

またこのイベントに関連したクラウドファンディングも、近日中に開始予定とのことです。詳細が分かりましたらまたご紹介いたします。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする