ふくみつ華山温泉「選べるメインの創作基本懐石プラン」でお一人さまワーケーション。仕事はほとんどしませんでしたが、リフレッシュには最高!【口コミ・体験記】

Pocket

公私ともに立て込んでいた年度末を乗り切り、ほっと一息。自分を慰労しようと、初めて温泉旅館一人旅にいってみました。行き先は、地元富山県の源泉の一軒宿 ふくみつ華山温泉です!

【だいぶ疲れてますね笑】

目次

ウェルカムドリンクと浴衣選び

温泉旅館に女が1人で泊まるというと、昭和な感覚では「自殺するのでは?」と疑われたらどうしよう…などとも考えましたが、今はコロナの影響もあってか、1人プランや個室(半個室)で食事というプランも多いのですね。

これは、一人旅できる!と地元富山は福光の華山温泉に予約しました。

ちなみに私の温泉宿選びの基準は以下のとおりです。

  • 源泉かけ流し
  • お料理が美味しそう
  • できればベッド
  • 禁煙ルーム(できれば全館禁煙)
  • なるべく小規模(大浴場や食事処が部屋から遠いのが嫌)
  • カラオケスナックがない(男性の団体酔っぱらい客が多いと嫌な思いをする可能性が高い)
  • 歓楽街から遠い宿、または歓楽街がない温泉街

というわけで、華山温泉!

高台の一軒宿です。

全室禁煙。客室は23室で全室ベット。源泉かけ流しで、お料理自慢と、私の条件にピッタリです♪

まずはロビーでチェックイン。ウェルカムドリングということで、ソフトドリンクやビールを選ぶことができました。

それから、浴衣選び。

私はこの組み合わせをチョイス。

お部屋にはこんな感じでバスタオルや浴室タオル、足袋靴下などがセット。かごはお風呂だけでなく、食事などで館内を行き来するときにも便利でした。

このかご、ほしいなあ。

お部屋とお風呂

お部屋はこんな感じです。

窓からはのどかな風景が広がります。

大浴場がありますが、部屋にもシャワーがありました。

トイレと別々なのはいいですよね。

富山のミネラルウォーターも置いてありました。喉がよく乾く私には嬉しい限りです。

お風呂は撮影ができず写真はなしで。

大浴場は1階で源泉かけ流しで温度はぬるめ。大きさもちょうどよく、落ち着いて利用することができました。

小さめ貸し切りのお風呂も2つありました。

夕飯

食事は食事処でいただくスタイル。ただし、半個室のなので、プライバシーは守られていました。

私は「赤烏賊」というお部屋。

中から見ると、こんな感じです。

ぼっちご飯もひと目を気にせず楽しむことができました。

まずは、美味しそうなお品書きに期待が高まります。

さあ、いよいよ、いただきます! スムージーからスタート。

次は先付けです。

こちらは前菜。

私の大好物の白エビ、ホタルイカ、山菜、そら豆。もうすでにかなり満足です。

季節のお寿司は、鯛の押し寿司でした。

熱い吸い物を指す「羹物」は、すり流し。

お次はお造りです。

器は九谷焼とのこと。

選べるメインは、海鮮の温泉蒸しをチョイス。ポン酢とゴマダレでいただきます。

こちらは、蓋を取る食べ時を見誤り、魚介が固くなってしまいました。鯛しゃぶにするべきだったかとちょっと後悔。

洋皿は和牛ローストその他。

この中だと、冷えたお肉よりもむしろ、サクサクの蕗の薹の真薯が地味な見た目に反して美味しかった!

さらに私が感動したのは、ご飯とお味噌汁、お漬物の美味しさです。

ご飯は羽釜の炊きたて。

お漬物も手作り。

立派に野菜料理!という印象です。

味噌汁は3種類。まずはカニ汁。

アラ汁。

さらに赤出汁。

この御飯と味噌汁はおかわりもできます。頼めばもってきてもらえるし、自分でもとってこれるようになっています。

お代わりを言いづらい…という方には、とてもいいですね!

デザートはチーズケーキとジェラート。

コーヒーやお茶はカフェインレスも用意されていました。

もう美味しいもので、お腹一杯で、最高です!

夜食やドリンクサービス

華山温泉では、時間帯によって、牛乳や甘酒、アイスキャンディーなどがサービス。

お茶やコーヒーは部屋に持っていくこともできました。

また、夜には夜食のお茶漬けなサービスも。

こちらは自分で好みの量をよそうことができます。

また、一般的には市場価格よりも高くなっていることの多いドリンクの販売機は、ソフトドリンクなら100円とむしろ安い。

回りにコンビニや売店もないので、こうした心遣いをありがたく感じました。

朝食はびっくりの豪華さ!

朝ごはんも昨晩と同じお食事処でいただきました。お品書きを見ると、かなり豪華な雰囲気。

その期待を裏切らない展開でした!

まずはスムージーから。

次は、旬の小鉢。

 

自家製の豆腐。

 

名前がすごい「海鮮の山海宝石こぼれ箱」。

グラスの中に、魚の漬け、アボカト、海老、いくら。海鮮丼のようにいただいてもいいですよ、とのこと。

さらに、朝から牛の蒸し鍋。

今回は昨夜の失敗を生かして、早めに蓋をオープン。いい感じに柔らかいところをいただくことができました……めちゃめちゃ美味しいです。飲み込む瞬間が最高!

お味噌汁は湯葉、豆腐、野菜、とろろこんぶで鍋風に。

さらに、作りたてほかほかぷるぷるのだし巻き卵。

まだあります。鰤の塩焼き。

今日もご飯は最高に美味しかった!

朝のお漬物はぬか漬けでした。

こういう美味しいお漬物はたっぷりが嬉しいですね。

デザートはアサイーヨーグルトでした。

お腹いっぱい! 1時間くらいかけて、もぐもぐといただきました。ああ、幸せ。

リフレッシュには最高(仕事は……)!

さて、今回の温泉一人旅には以下のような目的がありました。

  1. 旅が大好きな私がコロナで海外旅行にもちっともいけないので、旅の非日常を味わいたい
  2. たまには家族からも離れて、完全に自分だけでリラックスしたい
  3. 忙しい中では落ち着いて考えられない事柄についてしっかり向き合って考えたい
  4. キラキラ起業家っぽく「旅をしながら仕事する」スタイルを試してみたい

といったことがありました。

1については大満足。

道中、チューリップの絨毯をうっとり眺めたり……

棟方志功ゆかりのお寺で作品を鑑賞したり……

たっぷりと非日常を味わえました。

2もぐーたらしましたよ! 華山温泉のスタッフの方々は接遇のレベルが高く、とても気持ちよくお世話いただきました。

3もOK。持ち込んだ本を読みながら、思索を深めました。

問題は4の「仕事」ですね。

一応、パソコンは持っていきましたよ。

ただ、仕事したのは、1日めは15時30分にチェックインしたあと、16時から17時までの1時間程度。

2日めは、9時から9時30分までの30分程度でした…。

ひとりでこの程度ですから、家族や同行者がいると、きっと仕事時間はつくれなかったのではないかと思います。

以前泊まったビジネスホテルでは仕事できましたが、温泉旅館は連泊でもないかぎり、リラックス特化が私には向いていると思いました。

温泉に4回に入ってたら、そりゃ仕事してる時間はありませんよ笑

というわけで、とても貴重な体験でした。この日の記念に、近くの道の駅で、五箇山和紙の名刺入れを購入。

また、日常に疲れたら、ひとり温泉に出かけようと思います。ああ、楽しかった!

 

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
目次
閉じる