城崎温泉・三木屋の夕飯と朝ごはんは郷土色豊かでとても美味しい!【兵庫・豊岡市グルメ】

Pocket

温泉旅館に泊まる楽しみのひとつがお料理です。先日泊まった城崎温泉・三木屋さんで頂いた夕飯と朝ごはんをご紹介します。

56359348_2672913086115674_7263773717493186560_n

夕飯は地元食材いっぱいの会席料理

まずは、夕飯から。スタート時間は、18時と18時30分から選べます。私たちは、外湯を楽しんだあと18時30分からスタート。

まずは、先付「蛍烏賊の木の芽和え」と前菜盛り合わせ。

56544628_2672913202782329_4958102322287738880_n

飲み物は城崎地ビールのピルスナーをお願いしました。

56377169_2672912952782354_538275031298342912_n

お椀は「白魚しんじょうのお吸い物」。

56349246_2672913269448989_7832001953793048576_n

「鮮魚のお造り」は、津居山港で水揚げされた新鮮な海の幸です。

56120019_2672912992782350_7178911060714323968_n

カンパチとタイとイカだったかな?

こちらは、魚が苦手な三女でも食べられるほど、生臭さがまったくありませんでした。

酢の物は茹で紅ズワイガニ(富山人は食べ慣れているので感動薄く、写真撮り忘れ……)。

焼き物は鰆の味噌漬けです。皮がパリパリで美味しい。

56592023_2672913166115666_2845019708766289920_n

焼き物は但馬牛の赤身、ハラミ、霜降りの食べ比べました。

56359348_2672913086115674_7263773717493186560_n

但馬牛は神戸牛・松坂牛・近江牛の素牛(もとうし)というから、うまくて当然……溶けました! 私は赤身が好みです。

ひとつだけ、願いが叶うなら、はらペコのときに食べたかった(すでに腹いっぱい)!

最後の煮物は道明寺蒸し。たけのこ、甘鯛に、梅肉いりの餡がかかっています。

56619858_2673120432761606_7689921729811972096_n

「もち米かあ、重いなあ」と思ったら、これがもう、美味しくて! お腹はもういっぱいでしたが、サッパリと平らげてしまいました。

子供たちのあいだでも、「あれがもう一度食べたい」と大好評です。作り方を教えてもらえばよかった。

朝ごはんは滋味あふれる定食

朝食は15分おきに時間指定できます。私たちは朝風呂を終えて8時30分から。

まずは、テーブルで温めてつくる豆腐。

56558663_2672913849448931_1285059162765524992_n

これ、美味しいのですが、出来上がるまでの吹きこぼれがひどかった(壁まで飛んでいた)ので、作り方にはカイゼンの余地がありそう。

焼き魚は、香住産のエテガレイの一夜干し。

56575909_2672914119448904_7975210890884546560_n

このほか、温泉卵やおひたし、炊合せなどの小鉢が並びます。

56232388_2672913792782270_2147785429582086144_n

海苔の佃煮(すごく美味しい)や甘酒とヨーグルトを混ぜたヘルシードリンクなどもずらり。

56300228_2672914059448910_8688985252334403584_n

炊きたてごはんもすごく美味しくて、朝からご飯をおかわりしてしまいました。

三木屋さんは、11時のチェックアウト。朝ごはんのあとも、外湯めぐりを楽しんできました。

12時ごろまでは、自動車をおかせてもらえ、チェックアウト後も温泉街で買い物や食べ歩きしてきました。

城崎温泉はほんとうに、楽しくて美味しい! ぜひまた訪れたいと思います。

お宿情報

お宿名 城崎温泉 登録文化財の宿 三木屋
住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島487
電話 0796-32-2031(受付時間 8:00〜20:00)
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
部屋数 16室
駐車場 有り(無料)
ウェブサイト 公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする