国際女性デーに作りたい。簡単でかわいい(おまけに経済的♡)ミモザケーキ!

Pocket

3月8日は国際女性デー。イタリアでは女性にミモザを贈る習慣があり「ミモザの日」と呼ばれています。今日のおやつは、ミモザケーキにしてみました。

IMG_20190308_160052

スポンサーリンク

基本的な材料でできるミモザケーキ

ミモザケーキのパーツを分解すると、以下のようになります。

  • スポンジケーキ(卵・砂糖・小麦粉・バター)
  • カスタードクリーム(卵・砂糖・小麦粉・コーンスターチ・牛乳)
  • 生クリーム
  • シロップ(砂糖・水)
  • レモン汁

というわけで、いつも家にある材料でできる、ありがたいお菓子です。

作り方も簡単

作り方も特別難しいことはありません。

スポンジ生地

  1. スポンジケーキは18センチ型で焼く
  2. 厚さ1,5センチに2枚スライスする
  3. 残りのスポンジの焼き色を切り取って、黄色いところだけフードプロセッサにかけて細かくする

シロップ

砂糖と水を煮立てて砂糖を溶かし、冷ます

クリーム

  1. カスタードクリームをつくる
  2. 生クリームを角が立つまで泡立てる
  3. カスタードクリームと生クリームとレモン汁を混ぜる

組み立てる

  1. スポンジのうち1枚を置き、シロップを塗る
  2. クリームをドーム型に乗せる
  3. もう1枚のスポンジをかぶせる。このとき、側面が下をむくよう、ぎゅうぎゅうと押えるとドーム型に形が整いやすい
  4. スポンジの表面にシロップを塗る
  5. 表面にクリームを塗る。ここでドーム型に整える
  6. 細かくしたスポンジをふんわりとくっつける
  7. 皿の上の余分なスポンジを取り除く

ちなみに、このままだと大きなヒヨコみたいで、いまひとつ見た目に締まりがありません。

IMG_20190308_153958 (1)

そこで、ミモザの花をトッピングすることが多いのですが、今日は花屋さんでミモザが見つからず……。

削ったホワイトチョコを飾ってみるも、やはり華やかさに欠けます。

庭の椿か梅でも飾るか(ださい)……と庭にでたところ、畑に菜の花を見つけました。

これだ~!と菜の花を乗せてみました。

53372269_2613012998772350_3380244024794284032_o

まあ、かわいい♡ いいじゃないですか!

材料費

このケーキの嬉しいところは、いつも家にある普通の材料でつくれることです。

卵  200円
小麦粉 50円
牛乳 50円
砂糖 100円
生クリーム 300円
レモン汁、コーンスターチ少々 20円くらい?

というわけで…750円くらいでしょうか。

イタリアで女性に贈る花がミモザなのは、イタリアに自生していて、貧富にかかわらず誰でも用意できるからだそうです。

ミモザケーキも同様に、ありきたりな材料と特別な技術なしで作れるステキなケーキです。

みんなで食べて、女性をたたえあいましょう!

スポンサーリンク