バーチカルの「アクションプランナー」とオリジナルの「手帳カバー」で時間管理を簡単に楽しく!

Pocket

来年の手帳はもうお決まりですか? 私は来年も、アクションプランナーです。ここ8年位、アクションプランナーを使っています。

DSC00225

関連記事

「自分を予約する」アクションプランナー

アクションプランナーは、A5サイズのスケジュール帳です。中身は見開きで1週間。1日は縦てに時間軸が記されています。

手帳の役割に時間管理を重視するなら、手帳は絶対に、バーチカル(縦型)がオススメです。

IMG_20181203_075309

仕事もプライベートの予定も、このひとつの手帳で管理します。じぶんは1人で、1日は24時間。自分の持ち時間が、ビジュアルに実感できます。

アポの予定は支度や移動時間も含めて時間を押えます。taskは、それをやるための所要時間とセットで考えます。

こうすることで、予定の詰め込み過ぎやダブルブッキングを防ぎ、スキマ時間も活用しやすくなります。

DSC00230

私は、上記のような書き込み方に加え、自分の時限の線を予め入れて時間管理をシンプルにしています。

関連記事

また、1日の列の左側には予定を記入し、右には実際かかった時間を書いて、予定の入れ方や所要時間の見積もりの誤差を振り返っています。

さっと開ける切り取りタイプの栞

紐の栞は書籍にはいいと思いますが、手帳の場合はもたもたしてじれったい。切り取りタイプの栞も、お気に入りです。

見返しと中扉も角がないほうが、「今日」のページを開きやすいので、この2枚はハサミでカットしています。

プロジェクトごとの進行表

アクションプランナーには、見開きの月間カレンダーがありません。代わりにあるのが、プロジェクトカレンダーです。

DSC00227

プロジェクトや顧客ごとに予定を書き込むことで、長期のスケジュールやその混み込み具合を俯瞰できます。

要望は、あえていうなら

とても使い勝手がよく、気に入っていますが、「あえて」ほしい機能を要望するとしたら、以下の2点です。

  • 時間軸が4時からほしい…朝から元気に活動しています
  • 暦注もいれてほしい…葬儀関係の友人の予定や、なにかをやるときに縁起のいい日を確認するときに。世界の記念日よりも、暦注のほうが絶対便利。

次回のリニューアルではぜひ!

手帳カバーで自分だけのスケジュール帳に

アクションプランナーはカバーの種類が豊富です。その中からお気に入りのカバーを見つけるのもいいですね。

さらに、手帳愛好家にオススメしたいのが、お気に入りのスケジュール帳が定まったところで手帳カバーも好みのものに変えてしまうことです。さらに愛着が湧いてきます。

私は、セミオーダーの手帳カバーを使っています。

47574800_2407380572668928_6968525953190330368_o

お願いしたのは、革細工のお店「ブラン・クチュール」さん。

皮の色やパーツを好みに合わせて組み合わせることができ、名入れもしてもらいました。

46872837_2407377096002609_8521411579953020928_n

こちらのお店は、「ほぼ日手帳」など人気手帳のサイズに合うカバーもあつかっています。

手帳をうまく活用して楽しく付き合って、来年を充実した1年にしていきたいものですね。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする