スイムでパニック再来。乗り越えた秘策は三女直伝のコレ! のとじまトライアスロン大会2018レポート2

Pocket

2018年7月9日に参加した「のとじまトライアスロン大会2018」に参加しました。数回に分けて、コースの特長や感想などのレポートをお届けします。今回は私にとって、もっとも苦手意識のある「スイム」パートです。

IMG_20180708_073004

【のとじまトライアロン大会2018スタート】

関連記事

スイムコース概要

スイムは、沖にある黄色のブイまで直線で泳いで戻る750mのコースを2周。計1.5kmを泳ぎます。制限時間は1時間です。

IMG_20180708_071216 (1)

海は遠浅、波は通常、非常に穏やかで「プールのような海」という表現がぴったりです。
スタートから見ると、ブイの右手の岩がちょうど背後に位置し、ランドマークとなりました。泳ぎながら方向が確認しやすくて助かります。

いよいよスイムスタート!

IMG_20180708_073004

スイムは一斉スタート。前列の方々こそ水しぶきも激しく走り入りますが、最後尾からひっそり泳ぐワタクシはおとなしいものです。

IMG_20180708_073036

入水しても、なかなか泳ぎませんよ笑

IMG_20180708_073102

まだまだ歩く!

IMG_20180708_073239

みんなようやく泳ぎ出しました。

波は去年よりはありますが、とはいえ、穏やかなものです。これならなんとかなるかと、私もゆっくり泳ぎ出しました。

今年もやっぱりスイムは怖い

私はスイムに恐怖心を持っています。

なぜって、「パニック」がやってくるかもしれないからです。「パニック」とは泳いでいる最中に恐怖が襲ってきて心拍数が上がったり、息が吸えなくなったりする現象です。

2016年にショートディスタンスのスイムでパニックに襲われ、中学生からスポーツをしていて初めて、「DNF(途中棄権)」を経験しました。

関連記事

練習して大丈夫!と思ってもいきなりやってくることもあります。

関連記事

ただ、今回も、できることはやったはず。

関連記事

なのに、また、アイツが来たんですよ! もう、招かれざる客!

アイツがまたまたやってきた!

泳ぎだして200mくらいきたところでふと

「ああ、なかなか進まない。そういえば、ここのところプールで長い距離を泳いでいなかったしなあ。泳ぎきれるかしら……」

そんな考えが脳裏に浮かびました。

その途端、

あっ!

息が吸えない!! 心臓のバクバクいう音が聞こえる!

そう、パニックです!

キタキタキタキタ

と胸はドキドキ、口がパクパクします。

昨年、泳ぎきれた経験を思いだそうとしました。

関連記事

なのに、変わらない!

落ち着け、落ち着けと自分に語りかけ、息継ぎを2回しました。

しかし、「吸えない! 苦しい!」状態が続きます。

平泳ぎの手で水をかき、顔を出しました。ずっと遠くに折り返しのブイが見えます。

前を泳ぐ人たちとドンドン差が開いていきます。背浮きをして落ち着こうとしました。

浮いたまま、深呼吸を3回。

もう1度、顔をつけて水をかきました。息継ぎを2回。やっぱり息が入ってきません。

もう1度、平泳ぎで顔を出しました。苦しい、苦しい。

もう1度、背浮きに戻りました。「どうしよう、棄権しようか」そんな考えもよぎりました。

そこで、浮かんだのが、応援に来てくれた小6三女の顔です。

今、棄権したら三女はどう思うだろう……。

そうそう、三女といえば、

「お母さん、怖くなったら、この歌を思いだすんやよ」

と言ってくれていた歌がありました。

その歌の前奏が頭の中に聞こえてきます。

ズンズンチャズンズンチャズンズンチャ、ズンズンチャ

そして歌……

「な~か~の~おおえのおおじ」

両手の親指で自分を指しながらノリノリで

「わたしはお~じ~」

と歌う三女の笑顔!

「棄権」の二文字を振り切り、もう一回、クロールにトライしました。

「な~か~の~おおえのおうじ」のリズムに合わせて水をかき、息継ぎ。

ああ! 空気が入ってきた!

もう一回、

「た~い~か~の~かいしん、わたしたちやったよ~」

で息継ぎ。

やった、吸える!

あとは、いつもの練習のとおり、前に前にと進むだけです、頭の中で歌いながら。

ここにきて、ウェットスーツのシロモトさんの店長さんの

「うちのウェットスーツを着たら、絶対に泳げる」

というセリフや、昨日のゲストセミナーでうかがった

「『ふー』と吐くほうが、『はっ』と吐くよりも、息が入りやすいです」

といったアドバイスを思い出しました。

水中で「ふー」と息を深く吐き出しました。そして息継ぎ……吸える!

そうだそうだ、私は泳げるんだ!

自分に言い聞かせながら、折返しのブイを通過しました。

(ちなみに、ここでブイの下に酸素ボンベ付きで見守るスタッフの方を発見。映画「ツイン・ピークス」のポスターを思い出させる雰囲気に、すごくびっくりしました!)

ここからはピッチを上げて泳ぐことができました。

折返しを過ぎたところでゴツン、ガツン

今回も、折返し後の400mすぎが一番混乱していた印象です。

平泳ぎでガンガン蹴る方、ヘッドアップスイムができなくて真横に泳いで来たり、私の足を掴んだりする方……大変なのはお互いさまですが、やっぱり怖い。「周り見て~」と懇願。

この混乱を抜け出すと、あとは人も散らばり、泳ぎやすくなりました。

それと、沖に出るにつれ、大量のクラゲがプカプカ浮かんで迫ってきて、それを避けるのも大変でした。

パニックを乗り越え、スイム無事終了

2周めは、気持ちも心拍数も落ち着き、人も散らばり、自分のペースで楽に泳ぐことができました。こうなると、もう1周行ってもいいような気分に。

一時はどうなることかと思いましたがスイム終了! 思わず顔がにやけます。

36852916_1934744159898538_3545335919043149824_o (1)

【目線の先には小6三女】

タイムは、35分20秒で、昨年の35分27秒よりもやや短縮。泳いでいるときそのもののスピードは、きっと去年よりもっと速かったものと思います。

あの背浮きや平泳ぎでジタバタしていた時間なからましかば……と思わないわけではありませんが、棄権しなかっただけよしとします。

なにより、パニックがやってきたのに、不安を乗り越え持ち直した経験。これは大きな自信に繋がりました。なんだか、パニックが来たとしても、もう大丈夫なような気がします。

ちなみに、小6三女お気に入りの歌はこちらです。よかったらアナタも海で歌ってみてください。


中大兄皇子「新時代・大化!」
中村獅童さん、本当にありがとう!

商店日報

遺稿をまとめた書籍の再校を見ながらの打ち合わせ。

あと不足原稿数点加え、空いたスペースに追加したい写真を入れ込んだら完成です。

お盆前には、発刊できる見通しです。

GOOD&NEW

焼豚を手作りしてみました。

ブロクへのご意見・コメントなどの返信OK! メルマガ登録はこちらから。まずはここでしか掲載していない林原の「自分史的自己紹介」をお送りします。メルマガ読者登録へ
 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする