スラヴ叙事詩に描かれた印刷物

Pocket

先日、東京出張の際、国立新美術館で開催されていたミュシャ展を見てきました。

ちなみに、ミュシャという名前はフランス語発音で、現地の発音だと「ムハ」に近いオンになるそうです。

アール・ヌーヴォーの作品が有名なグラフィックデザイナーで、ポスターやパネル、切手など多くの作品を手がけました。女性がとてもキレイで、漫画家の清水玲子さんもきっと影響を受けているものと思われます。

アールヌーボーの作品は、中学のころ大好きで、イラストクラブで模写したり、図工の篆刻作品のモチーフにしたことを思い出します。
ここで楽しみにしていたのが、20枚から成る連作スラヴ叙事詩です。これの何がすごいって、まずは大きさ!

P_20170508_111754

◆小さい作品はおよそ4 x 5メートル、大きい作品は6 x 8メートル。

どの作品も、映画のスクリーンを見ているようなド迫力! 圧倒されました。

どうやって運んできたのか。まさか日本で見られることがあるとは、想像もしていませんでした。

さて、作品群のなかで、個人的に注目したのがこちら。

P_20170508_111648

◆イヴァンチッチェでの聖書の印刷(部分)

チェコ語で聖書が作られ、印刷した聖書を校正している様子だそうです。

やっぱり、印刷物の登場は歴史に残る一大事だったんですね。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする