ワーキングマザーの時間術:わざと空き時間を作っておく

Pocket

いつも時間に追われているような気分。
約束や締め切りは、「少し遅れる」が標準になっている。
自分だけが忙しいような気がする。

そんな方は、時間の使い方を見直す時期に来ているのかもしれません。

ずっと追い立てられるのは、きついものです。
結果として、時間にも気持ちにもゆとりがなくなり、ミスが出るなど仕事の質が下がったり、不機嫌になったりと、よいことがあまりありません。

私たちはアレコレ忙しく、1日は平等に24時間です。

仕事だけでなく家族関係の用事も多いワーキングマザーは、油断していると、あっという間にスケジュールが過密になってしまいます。

SFC_tubakitoaozora_TP_V

そこで、私は意識的にゆとりを作るようにしています。
スケジュールに空き時間を作るのです。

そうしておいても、大抵は突発的なスケジュール変更への対応などで、スケジュールは埋まっていくことが多いと感じています。

以前は、時間を無駄にしたくなくて、はじめから隙間なくスケジュールを埋めていたのですが、結局はその後も用事が追加され、結局は眠る時間を削る……ということになりがちでした。

しかし、ゆとりがあると、自分ではどうにもならないスケジュール変更にも、比較的無理なく、柔軟な対応が可能になります。

また、ゆとりがあれば、行きたい場所や集まりがポッと現れたときに「行きます!」と言えます。その結果、新たなチャンスを得たり、思いがけない出会いが訪れたりします。

そのほか、子供の発熱などで急に迎えにいかなくてはならない、とか、仕事がスケジュール通りに進まない場合も、予めゆとりがあれば、その時間を使って取り戻すこともできます。

ゆとりを作っておいて、それがそのまま余ってしまったら、時間が無駄になるのでは? と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

でも、その心配はほぼ無用です。

空いた時間がそのままなら、企画を考えたり、気になっていたことを調べたり、本を読んだり、家族とゆっくり話したり、トレーニングをしたり、ストック惣菜の仕込みをしたり……空き時間を有意義に使う方法は、たくさんあるからです。

時間はうまく使って、毎日を気持ちよく過ごしたいものですね。
なにか参考になることがあれば幸いです。

**************
追加開催決定しました!

☆「女性が輝ける国」デンマークで
ママたちのリアルな声を取材☆

育児と仕事を両立して、
イキイキと幸せに生きていく
3つのポイントをシェアする
★幸福度世界一! デンマーク視察シェア会★
を開催します!

【日時】2017年3月22日(水)10:00〜13:30ごろ
(9:45受付開始、お話10:00~12:00、ランチ情報交換会12:00~13:30ごろ)
【会場】ローズ・エ・ロメオ
富山県射水市安吉66−3(電話: 0766-52-0979)
【参加費】 3,500円
(ドリンク・スイーツ、情報交換ランチ会、消費税を含む/当日現地払い)

【申込方法】
===========================
ご参加の方は、参加フォームからお申込みください
===========================

詳しくはこちら


 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする