答えはいつも自分の中に

Pocket

本日はあるクライアントとの継続コーチングセッション。

前回のセッションでは、ある課題が明らかになり、今回はその解決策を考えることになっていました。

今回は改めて、目標とする状態を確認するところからスタート。理想の状態を構成する要素の中で、すでに手にしているもの、まだ欠けていることを確認しました。その欠けたパーツのどれから埋めるのか、いくつかのアプローチで優先順位を決めるお手伝いをしました。

コーチングの面白いところは、コーチの思いもよらぬところに、クライアントの答えがある点です。今回も、私の方から質問はしましたが、その答えや、課題解決のための具体的な方法は、私が想像できることとは全く異なる、それでいてベストチョイス!と思われる方法でした。

他人から指図されるのではなく、自分で腑に落ちて、自分で決めたことって、実行するときも心が浮き立ちます。「いいんじゃない?」「いいよね」「さあやるぞ~」という感じで、かなり明るく元気なやりとりになってきます。

今日のセッションで、優先順位を決めて、そのために今やることを決めて…と思考を深めるクライアントの様子は、まるでサナギから孵った蝶が飛び立つかのようでした。

答えはいつも、自分の中にあるのです。私はそれを掘り起こすお手伝いをさせていただているだけのことだと思っています。

きっと次回のセッションでは、素敵な報告をしてくださると確信しています。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする